吐きやすい

キャットフードにはどんな離乳食がある?

人間も、赤ちゃんと子供と大人では食べるモノが異なっているように、猫にも年齢に応じて餌の種類は異なります。
今ではいろいろなメーカーが数多くのキャットフードを販売していますが、ここではキャットフードの離乳食について紹介します。

猫を赤ちゃんから育てる場合、親猫がいれば最初は面倒を親猫に任せておけばいいのですが、親猫が不在の場合は子猫用のミルクを購入して与えなければいけません。
それが終われば離乳食の時期に入りますが、離乳食にもいろいろな種類の商品が販売されています。
もちろんはじめて食事を摂る子猫は、どのくらいが適量か知らないので、それを与える飼い主がきちんと餌の種類や量をコントロールしてあげなければいけません。

猫は人間とは違い、最初の1年ですでに大人になります。
体重も1年後には3キロ~5キロ程度に成長します。
母乳やミルクを卒業する時期は大体生後4週目で、離乳食を与えるのは歯が生えはじめているのと、自分で排尿や排便ができるかを目安にしましょう。

離乳食はいろいろなメーカーが販売していますが、その種類はペースト状のモノもあれば、ウェットタイプのものもあります。
ドライフードをお湯でふかしてあげている人も少なくはありません。
全ての商品に共通しているのは、離乳食や子猫用のキャットフードは高たんぱく質で高カロリーだということで、成長期の猫には十分な栄養分が必要となります。
離乳食と商品のパッケージに表記されているものを選んで、与えれば問題ありません。

猫は産まれてから1年の大人になる間が体をつくる一番大事な時期となります。
その時期にきちんと栄養のバランスが良い餌を与えることで、将来病気になりにくい体をつくることができます。
離乳食は手作りのモノを与えている飼い主さんも多いのですが、しっかりした知識がなければ、市販のモノを購入して与えた方が安全です。

このように、猫ちゃんにも離乳食はあって、今では数多くのメーカーがいろいろな商品を販売しています。
ペースト状、ウェットタイプ、ドライタイプと形状もいろいろあるので、栄養のバランスの良い商品を選んで与えてあげましょう。