吐きやすい

ダイエットにはキャットフードを複数あたえるのも有効?

最近では猫を飼う人が増えていますが、餌を与え過ぎて運動不足にもより、丸々を肥えた猫を見かける機会も増えています。
太った猫ちゃんは、見た目はとても可愛いのですが、人間と同じように肥満は病気の原因となってしまいます。
ここでは猫ちゃんのダイエット法と、その時にキャットフードを複数与えることも有効かどうかについて探っていきます。

肥満になると、身体に脂肪がついて心臓に負担がかかることになります。
すると当然心筋梗塞のリスクも高まり、大事な猫ちゃんの寿命を縮めることに繋がります。
また皮下脂肪が増えると皮膚病にもかかりやすいとされていて、傷も治りにくくなるため、怪我にも細心の注意が必要となります。

人間と同じように、肥満は糖尿病を引き起こすリスクを大幅にアップさせ、合併症により寿命を大きく縮めてしまいます。
ガンになる可能性も高まるので、肥満は見た目の可愛さ以外にメリットは何もありません。可愛い猫ちゃんに健康で長生きしてもらいたいなら、一刻も早くダイエットをしてあげましょう。

子猫のうちは、多少太っていても高たんぱく質・高カロリーの餌を与えなければいけませんが、成猫になって太っている場合は適正な体重に戻してあげましょう。
ダイエットと言えば運動ですが、運動だけで痩せさせることはできないと考えた方がいいでしょう。
適度な運動と食事制限でダイエットを目指しましょう。

食事制限と言っても、普段あげているキャットフードの量を減らすだけでは猫ちゃんが十分な栄養分を摂れなくなってしまいます。
正しいダイエット方法は、1日分の量は変えずに、キャットフードの量を減らして食物繊維が豊富な煮た野菜を加えてあげることもおすすめです。
最近では低カロリーで栄養分はきちんと配合されているキャットフードも販売されているので、それらを組み合わせて与えることもおすすめです。
食事の回数を増やすことも効果的で、今までは1日2回のところを、3回~4回にすることでダイエット効果を得られます。

このように、肥満は猫にとっても病気の大きな原因になるため、一刻も早いダイエットがおすすめです。
上手なダイエット法は、今までの餌を減らして低カロリーキャットフードも取り入れたり、餌を小分けに与えることもおすすめです。
運動も必要ですが、運動だけでダイエットができるとは考えない方がいいでしょう。