吐きやすい

キャットフードに普通の牛乳を加えてはだめ?

昔から猫には牛乳を与える人が多いため、当然猫には牛乳は良いものだと思っている人がほとんどのようですが、実は最近ではそうでもないことが分かっています。
ここでは猫と牛乳について詳しく探っていきます。

最近では人間が飲む牛乳を猫には与えてはいけないとも言われるようになっていて、ペットショップに行けば猫用のミルクが販売されています。
しかし猫用の牛乳があることは知っているけど、猫に牛乳がダメだなんで聞いたことがない、家の猫は毎日牛乳を飲んでいるよ、という人も多いのも事実で、実際に人間用の牛乳を飲んでも身体に異常がない猫もたくさんいます。

たしかに牛乳にはたんぱく質や脂質がバランスよく含まれていて、ビタミン類も豊富で健康にはとても良い飲み物であることは確かです。
しかし牛乳と猫用のミルクでは配合されている栄養分が大きく違っています。
たんぱく質も脂質も猫用ミルクの方が多く含まれていますが、乳糖は牛乳の3分の1程度となっています。

子猫を牛乳だけで育てた場合は、栄養のバランスが崩れることになることが分かっていて、牛乳は猫の成長に悪影響を与えてしまいます。
実はキャットフードを食べている現在では、猫に牛乳を与える必要はなくなり、キャットフードと牛乳の両方を与えてしまうと肥満になりやすくなってしまいます。
特に、老猫には牛乳に含まれるナトリウムイオンが心臓に負担をかけるとも言われています。

また人間の場合も牛乳を飲むと下痢をする人が多く、猫も同じように牛乳を飲むと下痢を起こす場合もあります。
人間と同じように牛乳を飲んでも全く下痢をしない猫もいますが、そもそも牛乳は人間用につくられたものなので、猫には猫のことを考えてつくられた猫用ミルクを与えることが、大事な猫ちゃんの健康維持や寿命を延ばしてあげることに繋がります。

このように、あくまでも牛乳は人間用につくられたものなので、猫の成長や健康のことを考えれば多少値段が高くても猫用ミルクを与えることをおすすめします。
そもそも栄養バランスが良いキャットフードが販売されている今では、わざわざ牛乳を与える必要もなくなっています。