吐きやすい

吐きやすい子向けのキャットフード

猫の中には餌を食べて良く吐くタイプもいます。
また新しいキャットフードを与えた時に吐いてしまうケースも多く、一気に餌を食べることで、胃の働きが追い付かなくなってしまうのも嘔吐の原因と言われています。
ここでは吐きやすい猫向けのキャットフード選びについて探っていきます。

吐きやすい猫は胃腸が弱いことが多いようです。
キャットフードは大きく分ければカリカリとした固くて乾燥したドライフードと、缶詰などに多く見られる柔らかく水分を含んだウェットフードがあります。
猫ちゃんへの餌は1種類だけなく、できればドライフードやウェットフードの両方をあげればいいと言われていますが、ドライフードは噛む力を鍛えるのに役立ち、歯垢を取ってくれるので、ウェットフードだけ与えることはやめた方がいいでしょう。

しかしドライフードは、乾燥している分便秘にもなりやすく吐きやすいことでも知られています。
どうしても吐きやすい体質の場合はウェットフードをあげなければいけませんが、そうなると顎の力が弱まってしまうので、嘔吐が酷い場合はすぐに獣医さんに相談しましょう。
猫は良く吐く動物で、嘔吐した後でも何事もなかったようにしているならまず問題はありませんが、そのせいで餌を食べないとか、痩せてきている場合もすぐに病院で診てもらいましょう。

猫が吐く原因にはキャットフードに問題があるケースもあります。
猫ちゃんがキャットフードに含まれる成分との相性が悪いことも考えられるし、添加物が含まれていて、それが合わない場合もあります。
そもそも添加物はできるだけ配合されていない方がいいので、多少値段は高くなるかもしれませんが、完全無添加商品を選ぶことをおすすめします。

また餌の与えすぎも、嘔吐の原因になることもあり、1粒が大きな場合も、それが原因で嘔吐する場合もあるので、餌の大きさにも注目してみましょう。

このように、猫はもともと吐きやすい動物ですが、吐く回数が多い場合はキャットフードに問題があるかもしれません。
あまりにも嘔吐が酷い場合は、一度獣医さんの診断を受けてアドバイスをもらうことをおすすめします。