吐きやすい

よく食べる子にはキャットフードは計量してあげる?

人間と同じように、かなり食べる猫もいれば食がかなり細い猫もいます。
食が細い場合も栄養分を十分に与えるように、キャットフードのカロリーを計算してできるだけ高カロリーのモノをあげなければいけませんが、よく食べる猫は肥満になり病気になるリスクも高くなるので、キャットフードをきちんと計量してあげなければいけません。

猫も人間と同じように、糖尿病など肥満が原因でなる病気はたくさんあります。
ダイエットをさせるにはカロリー制限が重要で、今では低カロリーのキャットフードもいろいろなメーカーから販売されているので、そのような商品を利用して、肥満を予防・解消して下さい。

低カロリーと言っても猫に必要な栄養分はきちんと入っている商品が多いので、そのような商品を選んで健康管理をしながらキャットフードを与えて下さい。
自身での判断に迷ったらキャットフードランキングを参考にするのも手です。
そうすることで面倒な餌の軽量の手間を省くことができます。

いつもの餌を計量して与えると、どうしても量が足りなくて猫もストレスとなってしまいます。
満腹感を得られずに空腹感を常に感じていなければいけないので、家にいるのが嫌になってしまうこともあります。
計量して今までと同じキャットフードを与える場合は、徐々に餌の量を減らしていく方法があります。
急に減らすと猫ちゃんに気付くので、時間をかけてゆっくりと減らしていきましょう。

肥満を防ぐには、ウェットフードだけではなく、ドライフードも混ぜることもおすすめです。
ドライタイプのキャットフードは食感がいいので満足度が高いです。
こちらも一気に交換するのではなく、最初は少しずつドライフードを足していき、ドライフードで満足するようになれば、それだけを与えてあげればいいでしょう。
しかし水をあまり飲まない猫には、ウェットフードで水分補給をさせることを忘れないようにしましょう。

このように、肥満の予防や改善するためには、キャットフードを計量したり、カロリーの低いものに変えてあげることが必要ですが、いずれも時間がかかることを覚悟して慎重に行わなければいけません。